めだかコース
2014年2月配本

ねずみさんのおかいもの

著者など:多田ヒロシ 作
【定価】972円/こぐま社

がらがらごっとん、荷車を引いて、ねずみの子どもたちがおつかいへ出かけます。お母さんに頼まれたものをちゃんと買えるかな? お買い物の楽しみがいっぱいつまった絵本。


[TBS_COLLAPSE_GROUP title=”読み聞かせの前に(クリックで開きます)” open=’n’]

me02

多田ヒロシさんのねずみさんの絵本は、子どもたちに人気のある大好きな 絵本です。
子どもは、小さな可愛い顔のねずみの動きに共感するのでしょうか。大人 は、ねずみを好きなれません。いたずらするし、衛生上こまります。しか し、大人もこの絵本を見ていますと、可愛らしさと、勤勉さと、チームワー クの良さに引かれ、困ったねずみを忘れてしまいます。仲のよいねずみの兄 弟が力を合わせて、沢山生れたあかちゃんの誕生祝いのために買い物をしま す。その楽しげなこと!お父さんとお母さんを中心に、皆で写真を取りま す。お父さんが紙に書いた「みんなげんきで」というメッセージを持ってい ます。ユーモアーに溢れていますが、こんな家族は「いいなー」というメッ セージも伝わってきます。それにしても、ねずみさんの家族は、こんなに大 勢になってしまいました。でも、一匹一匹に、違った表情があります。作者 の気持ちが伝わります。

長山 篤子
和泉短期大学特任教授
キリスト教保育連盟名誉理事


○2000年に『ねずみさんのながいパン』が出版され、子どもたちに大好評でした。続編を読みたいという声援に応えて10年ぶりに第2作目のこの絵本ができたのです。
○子どもにとってお買い物は楽しみの一つ。それも大勢の兄弟たちと行くのですから、楽しみも倍増。くいしんぼねずみが一匹。子どもたちはすぐに見つけるでしょう。他にも発見することがいっぱい。一緒にお子さまと絵を楽しんで、探してみてください。
○次回は最終回配本の『きょうはなにしてあそぶ』です。友だちと遊ぶことの大切さを味わっていただければと思います。
○2013年度から2014年度へ継続して年間購読をお申込みくださいました皆さまには《ご継続特別プレゼント》をお送りさせて頂きます。詳しくは、3月号に挟み込まれます「ご愛読の皆さまへ」をご覧ください。
< Y・Y >
[/TBS_COLLAPSE_GROUP]


下のチラシ(PDF)を印刷する


ehon-chirashi