めだかコース
2014年1月配本

このゆきだるま だーれ?

著者など:岸田衿子 文/山脇百合子 絵
【定価】972円/福音館書店

しゅるしゅるしゅる! すべっていくそりの上から、次々と動物たちが落っこちて、そりにのったもみちゃんが下につくと、おや、雪だるまが! 軽快な言葉のリズムが楽しい絵本。


[TBS_COLLAPSE_GROUP title=”読み聞かせの前に(クリックで開きます)” open=’n’]

me01

1月は、新しい年を迎え新鮮な日々感じさせられる絵本です。真っ白な雪 に囲まれたおうちの窓から女の子が外を眺めています。「外であそびたい なー」とつぶやいているもみちゃんという女の子です。頁をめくりますと、 もみちゃんがそりを引いて出かけるシーンから始まります。「ちらら ほら ら ひらら はらら ゆきがふるふる」と、リズミカルなことばの表現に導 かれながら物語が始まります。山脇百合子さんの楽しい動物の絵が物語を豊 かに伝えます。岸田衿子さんの短いことばの表現が、絵と共に心をわくわく してくれます。「みんなで そりを ひっぱって やまのうえまで ひっ ぱって みんなで のろうね そりにのろうね」言葉と絵がぴったりの表現 に、もみちゃんと動物たちの会話が聞こえてくるようです。最後の頁は、最 初の頁の雪の降る様子を受けて「ちらり ほらり はらり ゆきが ふる ふる ふる ふる あしたも きっと すべろうね」で終了。

長山 篤子
和泉短期大学特任教授
キリスト教保育連盟名誉理事


 〇もみちゃんと動物たちがそり遊びをします。すべっていくそりの上から、 次々と動物たちが落っこちて……そのとき発するゆかいな言葉にもご注目 です。
〇そりにのったもみちゃんが下につくと、おや、雪だるまがたくさん!ど の動物の雪だるまか当てっこするのも楽しいですよ。
〇次回は、『ねずみさんのおかいもの』です。ねずみの子どもたちは、お母 さんからたのまれたものをちゃんと買えるのでしょうか。お楽しみに!
〇2013年度から2014年度へ継続して年間購読をお申込みくださいました皆さ まには≪ご継続特別プレンゼント≫をお送りさせて頂きます。詳しくは、 3月号に挟み込まれます「ご愛読の皆さまへ」をご覧ください。
< K・H >
[/TBS_COLLAPSE_GROUP]


下のチラシ(PDF)を印刷する


ehon-chirashi