めだかコース
2013年4月配本

ちょうちょう ひらひら

著者など:まど・みちお 文/にしまきかやこ 絵
【定価】972円/こぐま社

ちょうちょうひらひら、うさちゃんにとまって、うさちゃんがうふふ。シカさんにとまって、シカさんがえへへ。次は誰にとまるのかな? 春のひだまりのような優しい絵本。

[TBS_COLLAPSE_GROUP title=”読み聞かせの前に(クリックで開きます)” open=’n’] me04

4月、幼い子どもは新しい環境と経験に、わくわくすると同時に不安な心に揺られます。 「ちょうちょう ひらひら」は、そんな子どもたちの心を明るく楽しく慰めてくれます。表紙のうさぎさんの優しい笑顔と、淡いピンクとクリーム色の色使いに、まず心が癒されます。まど・みちおさんの詩に導かれながら、うさぎ、しか、ねずみ、ぞうさんにとまったちょうちょうに嬉しい笑いを貰います。ぞうさんに最初はとまらなかったちょうちょうも皆の応援でとまります。皆の笑いが、「うふふ、えへへ、おほほ、あはは」と、楽しさいっぱいです。短い詩に、沢山の物語が語られ、小さな子どもも、大きな子どもも話に引き込まれます。その物語に、にしまきかやこさんが、ぴったりな絵を添えました。お花の中から赤いちょうちょうが飛び出し、ピンク色の耳のウサギさんに止まります。緑の原っぱのしかさんは茶色、薄紫の野原のぞうさんとねずみさんは灰色、皆優しい色に癒されます。

長山 篤子
和泉短期大学特任教授
キリスト教保育連盟名誉理事


○今年31年目を迎える「こひつじ文庫」をご愛読いただきまして、ありがとうございます。この一年間お付き合いくださいますようよろしくお願いいたします。 ○めだかコースは2歳からを目安に、選りすぐりの絵本をお届けいたします。この「読み聞かせのまえに」は長山篤子先生が執筆してくださっています。 ○この絵本は、1972年に別の出版社から出版されていたものを5年前にレイアウトを変更して新たに生まれ変わりました。新年度にふさわしい笑顔が溢れる絵本です。 ○次回は、母の日にぴったりないいもとようこさんの『だいすきなかあさん』です。お楽しみに

< Y・Y>

[/TBS_COLLAPSE_GROUP]

下のチラシ(PDF)を印刷する


ehon-chirashi